Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



『大好きが虫はタダシくんの』感想

異彩だらけのチャンピオンの中でなお、異様なセンスを放ち続ける阿部共実の短篇集。こういう人を鬼才と呼ぶのだと思う。
ずっと読み返したいと思っていたデビュー作『破壊症候群』が収録されているだけで、十分に買う価値はあるかと。

この収録順は意図的なんだろうなぁ。
『空が灰色だから』を知らないまま読むと、前半でほっこりして、後半に連続する理不尽な狂気に心を折られることうけあい。

というか、『ドラゴンスワロウ』が初読みだったので、どこかで容赦の無い何かをしかけてこないかと、途中まで思い切り身構えてました。

『大好きが虫はタダシくんの』は以前に読んでいたけど、やはりくるものがあります。この作者のオーソドックスな狂気をそのまま煮詰めたような一撃。

描きおろしの『デタジル人間カラメ』の狂いっぷりがおかしい。絵の不安定さやこの意味不明な吸引力が計算されたものだとヤバいし、天然のセンスだとしたらもっとヤバい。
チャンピオンの『空が灰色だから』の休載が、これを描くためのチャージ期間だったとしたらと思うとゾッとしますね……。

[カテゴリ単位の記事]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ