Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



如月轟沈に見る艦これアニメの構成

4話の前に如月轟沈した件について語りたくなりましたので。
まずは轟沈イベントとそのフラグの動画をご覧ください。

これは個人的にハッキリ言ってすごく残念でした。
如月が轟沈したこと自体よりも、ストーリーの流れと構成の仕方が。

3話で轟沈って時点で間違いなくマミさん意識しているのだとは思います。実際マミさんに絡めたコメントとかはよく観ますし。
でもね、マミさんが愛されてるのはその突然性だけじゃなく、そこまでのまどか達を導く立ち位置や主軸としての重要性を確立していたからです。
OPでも三人一緒の絵とかがあって、明らかにメインキャラの一人としていた所にまさかの即死で首が飛ぶ。
というショッキングな流れがあったからこそ、彼女はたった三話での退場でも、その後の再登場までその存在感が薄れることなく皆の心に残り続け今にも至るのです。

で、如月はどうなのか。
ぶっちゃけ2話まで如月モブだったやないですか。
それが3話になって突然出番が増えて過去を掘り下げて、わっかりやすいフラグを乱立して最後にズドンと一発。

この一発すら、艦これのシステム一切無視で提督達にとっては違和感が残る展開です。
アニメとゲームの違いだと言われたって、その前に大破絵とか小破とか言ってるんだもの。
アニメから入った新規提督じゃなきゃ意識するなという方が無理です。

もう一つ、マミさんは「もう何も恐くない」という名言とフラグを残して逝きましたが、そのセリフを言った時の彼女は魔法少女の孤独から開放され本当に活き活きしてました。
言い換えると、その時の彼女の心は視聴者にも容易に想像できる程筋道立てて描かれていました。
だからこのセリフは、最終的にネタとして昇華されたとしても、当時皆に心の傷として深く刻まれたのです。
つまり、フラグを立ててそこまでの流れにストーリーとしての違和感がない、丁寧に作られた物語の中でマミさんの死は描かれていたと言えます。

対して如月は急にわざとらしい死亡フラグを立てたせいで、こういう動画が生まれる程に違和感バリバリです。
言ってしまうと、フラグの使い方が逆なんですよね。
フラグというのは本来、キャラクターが死亡する流れの中で伏線や強調として立つものです。
それがこの3話だと、如月を轟沈させるためにフラグを立てるという行為に成り代わってしまっています。

だから、マミさんが死んだ時にはあったショックや哀しさや喪失感というのは感じませんでした。
ただただこの手抜きとしか思えない構成に対しての憤りがあるばかりです。

こうなったらもう如何に4話以降で如月に対する皆の感情や立ち直るまでを丁寧に描くかが重要になります。
そこで4話のあのサブタイですよ。救えねぇ……! 如月マジで救えねぇ……!

しかも、手抜きな轟沈させた割にはキツいショックを少なくない提督達に残しています。
アニメでモブ扱いされていても、如月を嫁艦として可愛がっていたり、そこまででなくても育てていたことで情を持っていた提督はたくさんいるのですから。

でもこれは単純に轟沈してしまったことに対する哀しみではなく、手抜きなやり方で轟沈させられてしまった無念であることを忘れてはいけません。

例えば、グレンラガンでカミナを愛していた人達はたくさんいましたが、彼が死して残したものの大きさは、マミさんは別方向で皆に彼という存在を完成させたとも言えます。
アニメの如月がマミさんのようにストーリーの中で重要な役割を果たした存在であったかは、これからの内容によってごく僅かな可能性ですがまだあるでしょう。

ですが、カミナのようにその生き方や在り方が皆の心に残る存在であったかと言えば、それは否です。
だって3話の中で語られた彼女は、3話で轟沈させられるためだけに作られた付け焼き刃の設定なのですから。

後、死に様とは別の方向でもこの3話は大きな問題を生じさせています。
戦争モノとしての在り方です。

今更言うまでもないですが、艦これは史実を元にした艦の擬人化です。
ゲームではあくまで艦娘をコレクションして育成する、良い意味で中身が無くわかりやすいものだったので、特に問題もありませんでした。

でもそこにストーリーが付くと話は大きく変わります。
実際に、ゲームと現実を混同してる人がニコ動やツイッターで『この子たちを殺したアメリカは鬼畜』とかで発言しちゃう人が出てるわけですよ。
これにはおにーさんドン引きですわー。

ドン引きだけど、この展開ならこうなるのは最初からわかってたことなんですよね。
これがまたグレンラガンのメンツやナデシコのガイばりに熱く重要なカタチでの轟沈だったなら、哀しさはあるけどその死に様そのものが讃えられて戦争モノとしてももっと違う騒がれ方になったと思うのです。

私自身、戦争云々の話題はあまり触れたくはないのでここまでにしますが、ただでさえ艦これが内包する一番デリケートな部分だというのに、こんな風に扱うのはどうなん? っとどうしても思ってしまうのでした。

で、まぁ流石に話が重かったのでちょっと切り替えまして、視聴者の人には当然彼女を救いたい! って思う人が出るわけです。

そんなわけで、フラグクラッシャーの方々の出番です。

「提督!上から女の子が!」 by ケースワベ(K-SUWABE) on pixiv

【ネタバレ】艦これ3話の俺がまぎれもなくコブラだった件 by ムラヤマリオ on pixiv

どうしてこうならなかった。

[カテゴリ単位の記事]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ