Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



ガンダムビルドファイターズトライ 17話の感想 ネタバレ&あらすじ考察

今週のビックリドッキリ合体!

話は初っ端からシア・フミナ・ギャン子のラブスクエアという修羅場に発展!
三四角形で一人スクングルだけどな!

まぁセカイが由緒正しい鈍感系主人公だけど!
しかいながら思ったよりシアはガチでセカイに惚れていた模様。まさかの告白イベントまで発生するとは思いませんでした。

Sponsored Link

そこに統立学園の三つ子が登場し挑発してくるのも、トライファイターズじゃない人達が宣戦布告!
部長、そこ出るとこォ――!

で、二回戦の戦場は亡霊場! 何故か朽ち果てたSDガンダムの石像が並ぶ中々雰囲気のあるステージ。
前回の屋敷もそうでしたが、明らかに前作よりステージの幅が広がってますね。
まぁ前作も何故か野球場とかありましたけど。

インディガンダム・ティラノザク スペリオルランダー サイコゴーレム

実はお化けが苦手だとカミングアウトしたユウマは、ビビリのあまりMS騎乗のままユウマ×セカイ状態を引き起こし腐女子の薄い本を厚くしながらフミナと分断される。
これはあれか、冒頭のシアに対する遠回しの宣戦布告か

フミナも立て続けに発動するトラップでセカイとの合流どころか、時限爆弾が設置された通路に閉じ込められてしまう。
ホモ街道という名の地下に落とされたセカイ達もプラフスキー粒子を吸収してしまうアブソーブ・システムを発動され期待がろくに動かなくなるという自体に。

実はただのプラシーボ効果だったという微妙すぎる事実が発覚したアシムレイトも、プラフスキー粒子がなければそもそも発動できない。
これリリカルなのはのAMF級に結構チート兵器じゃなかろうか。
なのはForceみたいにプラフスキー粒子の制限で今後のストーリーがグダグダにならないことを願います。

まさに大ピンチという最中、多少の無茶は覚悟の上で無理やり脱出したフミナ部長が到着!
戦況を五分に戻して、個人の機体性能を引き上げた努力が実るか!?

というところで、またもMS合体イベントが発生!
今回はちゃんと巨大化したよ! その名もスナイバル・ドラゴ・ギラ

なんだろう、前回のトライオンスリーと違って何かすんなり受け入れられました。
まぁ、慣れたのとSDだったので多少の無茶なデザインは納得しやすかったか。まぁ、勇者ロボじゃねぇしな。

実は三つ子の長男はガンプラ学園に落ちたという過去も発覚。
まさに逆恨みが三つ子の魔物が登場したのだった。

というとろこで次回へ続く。
次に跨ぐのは1/48ザク戦以来で随分久しぶりになりますねー。

次回こそ、進化したウィニングガンダムが勝利の道を切り拓くのか!?

[カテゴリ単位の記事]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ