Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第28話の感想 ネタバレ&あらすじ考察

『アヌビス』使いに共通する見分け方を発見した。
それは……アヌビス神に本体を乗っ取られるとだな……唇が 黄緑色に変色する。

はい、そんなわけで個人的にジョジョ三部名戦の一つ、アヌビス編にございます。
花京院の再起可能を確認したジョースター一行は旅を再開します。

Sponsored Link

たとえ話が無駄にグロいのは、アニメや漫画だと目をやられたらそれでおしまいという雰囲気を、そうじゃないんだよと説得力を持たせるためでしょうね。
ここは原作通りで、実に荒木先生らしい演出だと思います。

そして皆で支払いを済ませていると外ではイギーが女性の看護師達にもてはやされています。
ここはアニメオリジナルの描写で、今回追加描写が結構ありますが、その多くがイギーに関するものです。

実は原作だとイギーはペットショップとヴァニラ戦以外は出番が少ないのです。
イギーの馴れ合わない野良犬根性と自由さを強調しつつ、存在感を出すよう随所に盛り込んでいく。
これはとても良い原作改変だと評価したいです。
またこの時のイギーが良い顔してるw

そうして、オレンジ自爆から幾ばくも無いまま新たなる刺客、アヌビス神がチャカの体を乗っ取ってしまいます。
気弱な少年さえ剣の達人に変えてしまう。

ちなみに、原作だとこれ以上に顔が変わるチャカの変貌っぷりは、7部の大統領に次ぐものがあると思います。

またもイギーの自由な行動に振り回されて(アニメオリジナル)完全に他の仲間とはぐれてしまうポルナレフ。
原作だとなんかはぐれちゃったって感じでシーンが移るので、ここもいい感じに補完してますね。

こういうなんでもない描写が後のヴァニラ戦に響いてくるのだと思うと……。

ほとんどのスタンド使いが、自分の有利になるようフィールドを整え奇襲をかける中、チャカ=アヌビスは堂々とポルナレフに一騎打ちを挑む。
これ自体も作戦の一部だというのもあるのですが、アヌビス自身はここでポルナレフを仕留めるつもりは満々だったでしょう。
そういう意味ではジョースター一行に正面衝突で挑んだ昔のポルナレフによく似た行動であり、ポル自身そのストレートなやり方は純粋に評価しています。

とはいえ、スタンド能力は本人の才能に依存し癖のあるものが多く、それをどうやって活かすかが重要です。
しかもジョースター一行は大体4~5人で固まって行動している上、無敵のスタープラチナを筆頭にジョセフを除いては直接的な殺傷力が高いスタンドが多いです。
奇襲して有利に戦うやり方自体は卑怯だとは思えませんね。

ちなみに、じゃあ刺客側も固まって挑めよというツッコミもあるでしょう。
これは西尾維新氏が小説版ジョジョ三部で上手く説明付けています。

刺客のスタンド使いの多くは殺し屋。
彼らは自分の能力が割れることによるリスクを恐れて、ホルホースのような特殊な者以外は決してつるむまない。
これもスタンドの特性をしっかりと理解してなければ作れない設定ですね。

閑話休題。
ポルナレフ対チャカは、凄まじい切れ味と物質をすり抜ける能力を駆使した戦術でチャカが優勢。
しかしポルナレフもチャカの妙な素人くささを見抜き慎重に戦い致命傷を逃れます。

ここもアニメ独自の異変が入っており、原作だと身のこなしや構え方からチャカの不振全差を読み取りますが、アニメではガンガン攻めて攻撃の太刀筋を見切りながら判断しています。

前者の方が読みあいやポルナレフ自身も相当な手練れであることがわかるのですが、動きのあるアニメではこっちの方がわかりやすく見栄えもいいです。
媒体に合わせた改変は大事だと思える動かし方です。

最終的には透過攻撃を使うために生まれた死角を利用し、ポルナレフが奥の手『剣針発射』で見事に逆転勝利。

しかし戦いはまだ終わっていなかった……。
ンドゥールの水の匂いさえ嗅ぎ分けるイギーが持ち帰られたアヌビス神に吠えて強い警戒を見せます(ここもアニメオリジナル)が、まさか剣自体が本体で意思があるとはジョースター一行は気が付かない。

警察に行く寄り道で入った床屋でアヌビス神が店主のカーン(すごく活き活きした悪人面がステキ!)を乗っ取り第二ラウンド開始ッ! そして次回へ続く。

ちなみに床屋の親父の名前カーンは、PS版のゲームにて初めて付けられた名前ですが、ちゃんとスタッフロールにもカーンの名前で入っています。
アニメスタッフの細かい仕事が見えますね!
第二クール四話ですが作画も安定していて非常に楽しめました。後編の激闘と名台詞も楽しみです!

[カテゴリ単位の記事]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ