Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



主に球磨川さんの話とか、後更新も

昨日は帰ったらスマプリ小説の続き書いて今日アップするつもりだったのに、そもそも家に帰ったら今日になっていたでござるの巻。

最近の観たり読んだりの感想とか。

めだかボックス(アニメ)
空回って特に役に立ってないもがにゃんが可愛いかったお話。
というかプール以外ではあまり目立った動きのないもがにゃんのキャラ性を前面に出すには、丁度いい話だったのかもしれない。最終回だけど。

話全体としては、めだかの影響力を如実に示す内容でした。
めだかがいなくてもめだかの精神性は伝播していて、それは生徒会メンバーを通じてさらに広がっていくと。
先生の杯盤狼籍マニュフェストが機能しているのかしてないのか。

しかし、それらを差し置いてもなんて地味な最終回……と思ってたら最後に王都さんキター!
2クール目確定ってことは、2クールの最終回に球磨川さんが来襲する可能性も!
私は美術部の話みたいなドタバタコメディも好きでしたが、めだかボックス的にもガイナックス的にも、13組の13人編からが本領発揮みたいなもんですしね。
ちなみに、13組の13人編では高千穂戦が一番好きだったりします。
あれは異常が故に他者とまともに触れ合えない寂しさから、異常の孤独さをわかりやすく丁寧に描いた話でした。
しかも何気に真っ向勝負の戦いでめだかが苦戦するレア回。

めだかボックス(マンガ)

江迎がもぐらとの戦いにより自分の中にあるマイナスを乗り越える話というのはお約束通り……だったけど、普通に負けた。
ヘラヘラ笑うのは基本敗北フラグのようです。まぁ過負荷だしね!

ドMだった影武者からして特別視されてたんで、潜木って名前は相当強いだろうとは思ったけれど、まさか中盤で百代目生徒会パーティーが壊滅するなんて思わなんだ。
善吉が瞬殺されたのは、助ける相手が直接的にめだかじゃなかったからですか?

そして悪平等編が終ろうともメタ発言は終わらない。
第二第三のわたしは誰になるだろうなぁ。めだかのピンチだし、駆け付けるのは敵の可能性の方が高いよね。
王都さんの妹みたいな幼女いたし、ここは偉そうな人対決で。

そして、ここでニャル子よりも這い寄る球磨川さんがキター!
余談だけど、友達がニャル子は『這い寄る』じゃなくて『言い寄るだよね』と言ってた。超納得した。


こっからの更新予定

とりあえず、まずは工事中の部分を片付けていきます。
優先順位は、
携帯表示>頂き物>他細々とした改善

今は表示されない項目とかもあるんで、携帯表示がまず急務。
頂き物は前サイトにまるまる残したままなので、そこまで早急にすることもないかなと。

それと並行して検索の表示順位上げるために色々弄ってたり。
PCは携帯サイトみたくランキングだけでアクセス稼げたりってのはほぼないので、これはもう気長に時間をかけて検索の結果を上げて、少しずつ全体のアクセス数と固定客を増やしていく計画しかないよねと。
これはどうせ長期戦になるので、まずはその準備をしていこうって感じです。
ふふん、そんなことより小説更新しろよって声が聞こえてくるね!

[カテゴリ単位の記事]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ