Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



小説解説のお話とか

どうも、仕事内容が変わって帰宅時間は早くなったけど、何故かこの身に降りかかっているストレスも10割増の下駄です。

マイナスの使い魔 13敗『また勝てなかった』

半分くらいはこの話数でこのタイトルにしたかっただけなのさ!
流石に最初から狙ってたわけじゃないですけどね。
むしろ戦闘が長くなりすぎてしまったなーという反省はあります。
ここから先の戦闘は、もうちょっと短めに要点押さえていくつもりです。

改心前の球磨川さんのイメージは過負荷のカリスマだったので、そのキャラ性を前に出してみました。
球磨川さんというかDIO様の勧誘みたいになったのはご愛嬌。過負荷には過負荷の救世主が必要なのさ的なあれです。

決着自体は球磨川さんならある意味一番オーソドックスな結末ではないかと思います。お約束とも言う。

私は決して球磨川さん無双の話を書きたいわけではないのですが、ギーシュについては球磨川さんという存在が貴族に紛れ込むとどうなるかという例になってもらいました。
ゼロ魔の男キャラならサイトよりも好きなんですよ、ギーシュ……。

スマプリ 『Dear My Hero』
投稿遅れまくりのスマプリのリレー話。
なんでこんなに遅くなったのかと言い訳しますと、

リレー話に感動してマジ泣きする。

これはなおやよ小説を書くしかないな!

やよいがヒーローに憧れる理由が父親だったらどうしよう。

次の話を見る。

ここのサイト作成の作業が混じってくる。

それでもちょいちょい書いてたら勢いついて内容が増えていく。

今までで最長のスマプリ小説になってもうたー!

てなわけです。つまりだいたいは自爆。ごめんなさい。

話の方の解説にいきますと、今回は一度プロットでつまづいております。
私はスマプリ小説は基本的に、本編の話を自己解釈・または本編の前後にあったかもしれないIFの話をイメージして話を作っています。
そのため、本編のシーンは最小限に抑えてできるだけ書かない方向性を目指しています。
しかしどうしてもリレーの部分は少し原作の流れを書かないと話が綺麗にまとまらない。
ならばどうしようということで、話を日記形式で昔を振り返るみたいな展開方法にしてみました。
加えてあの号泣シーンでなおちゃんの心情を書くのは、なんか違うかなと、むしろ無粋じゃあないかなと思ったので、メインの主視点はやよいとなりました。

ぶっちゃけ考え方は一番私の素に近いので、やよいさんはスマプリじゃ一番書きやすいキャラをしていました。
あざといやよいは、ヒーローに憧れる弱い女の子というコンセプトから大きく外れるので、できる限り原作の思考を元にした性格付けになりました。

一応ジャンル的には百合ってことにはしてますが、今回は百合要素薄いことになりましたね。
RGBトリオはそのまま各キャラ恋愛感情を書いてましたが、やよいは恋愛よりも憧憬が強くなってます。
ただでさえあんまり濃くない私の百合展開が、さらに薄くなっているというね。
むしろ誰もいない教室(予想)で待ち合わせして一緒帰った二人の方がよぽっど……。

そんな感じのお話でした。

次の詳細はまだ決まってないですが、またNISSANコンビで一本書きたいなぁと思います。ではでは。

[カテゴリ単位の記事]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ