Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



胡乱な提督の割とカオスな鎮守府

増え過ぎた人類が新たなる星を求め宇宙の海を旅する船団となってから、既に半世紀が過ぎていた。
宇宙戦艦内部に建設された巨大な人工都市は人類の今や新たな故郷となり、人々はそこで子を生み、育て、そして、死んでいった。

宇宙海世紀0079、宇宙から突如現れた謎の軍勢は深海棲艦を名乗り、宇宙戦艦に侵略戦争を挑んできた。
近代兵器がことごとく通じず戦況は圧倒的に不利なまま進み、この数ヶ月余りの戦いで、深海棲艦は宇宙戦艦の総人口の半分を死に至らしめた。
人類は未だ全容の見えない謎の脅威に恐怖する日々を送っていた。

しかしそんな最中、かつての戦艦達の魂をその身に宿した新兵器『艦娘』が開発され、戦いは新たな局面を迎えようとしていた――

という話を考えてみたけどどうだうだろうか、ながもんさ「仕事をしろ!」

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ