Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



夕立のおっぱいも成長っぽい! 艦隊これくしょん-艦これ- アニメ9話の感想・考察

反射的にBボタン連打したくなるけどしなくてよかった。

今週は改二パワーアップネタで一話使って前回同様テコ入れ回かと思いきや、最後に急展開でしたね。
ここで話をたたみに来るとは思わなかったです。
そんなこんなで、アニメ9話の感想・考察タイム。

改二は外見的にも大きく変わるキャラいるしどうなるかと思ったけど、まさか光るとは。
まぁぽいぽいの進化っぷりを見ると光ったのは有りじゃないかなーと。
これはただの改装だけじゃ流石に説明しきれん。

夕立の改二改装によって吹雪の狙っていた赤城さんといっしょ枠を奪われた。
しかも吹雪は作戦前に鎮守府へ逆戻り展開に。

そうして吹雪はガチ凹みするわけですが、ここは今回全然共感できませんでした。

旗艦までやってたのに大きな作戦前で一人鎮守府に戻って来いと言われたことは同情できます。

けど夕立に負けたのはねぇ……。とりあえず一クールアニメでまともに戦えるようになるまでに三話くらい使ったんですよ。
そこから九話までに改にすら至っていない(長門が改になれと伝言伝えとるくらいだし)状態なわけです。

元々夕立の方が先に鎮守府へ来ていて当然練度も高い。
その結果改二になったのだから、これはもう選ばれるべく選ばれたとしか言いようがありません。

そんな状態で吹雪に嫉妬されても練度上げろよとしかコメントが……。

しかもぶっちゃけ吹雪と夕立ってホントにクラスメイト程度の仲良しなので、余計にこの友情は所詮お前らの仲はこんなあっさり揺らぐんだねと。
9話で友情崩壊ネタやるのなら、序盤で睦月と二人だけで仲の良い描写入れてないで、夕立もちゃんと混ぜておけと。

けど金剛は良い仕事してました。
吹雪は凹むと憧れの巨乳おねーさんズがやってくるよね。

ただし比叡テメーは駄目だ。

思ったよりヲ級の再登場も早かったです。
提督の執務室ぶっ壊してもノートは一切傷付けずに空気読むヲ級ちゃん萌え。

[カテゴリ単位の記事]

2 Responses to “夕立のおっぱいも成長っぽい! 艦隊これくしょん-艦これ- アニメ9話の感想・考察”

  1. 匿名 より:

    夢で見た赤城と夕立に置いて行かれるシーンといい、夕立吹雪が夕立に手を振るシーンといい、友達と先輩に置いて行かれたのがショックであって友情が揺らいだようにはとても見えませんでしたけど

    • 下駄 より:

      大前提として吹雪は(艦娘だけど)等身大の女の子として描かれてきました。

      赤城と同じ艦隊になりたくて頑張ってきた中で、その役を夕立に持って行かれたと同時に、自分は評価されなかった(と思った)ため鎮守府戻りであの沈みよう。
      この状況で、旗艦としても頑張ってきたのに何で自分ではなく夕立が赤城と……、ってネガティブな思考になるのはごく自然な流れでしょう。
      むしろ、だからこその『努力に憾み勿かりしか』という前振りセリフですし、夕立の努力を見て立ち直るシーンが輝きます。

      直接嫉妬を示すセリフや行動を入れないのは、吹雪が暗いキャラとして視聴者に勘違いされないようとする配慮じゃないですかね?

      吹雪は視聴者視点で成長していく主人公なので、嫉妬そのものは成長過程のイベントとして問題も違和感も私はないと思います。
      問題は吹雪はまだ改にすらなっていないため、改二の夕立に比べるとどうしても“その程度の努力”としか見えないことと、そもそも睦月に比べて夕立との絆イベントが圧倒的に少ないことのせいで嫉妬イベントがチープになってしまったことです。

      要は吹雪が悪いのではなくて、これまでのストーリー構成の問題ですね。
      私は基本的に王道的な主人公であるアニメ版吹雪のキャラは好きですよ。

コメントを残す

このページの先頭へ