Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



魔法少女リリカルなのはVivid 1~2話感想・考察

魔法少女リリカルなのはViVid(13)
待ちに待った魔法少女リリカルなのはVividアニメスタートですよ!
リリカルなのはから下駄の物書き人生が始まったようなものなのです。
なので、魔法少女リリカルなのはという作品は、私の中でもかなり想い入れが強く特別な作品です。
そのため、飛ばし飛ばしでもアニメレビューをしていけたらなと思ってます。

作画問題

まぁとりあえず目に付くこととして、作画が3期までとは大きく違って、漫画よりになっていますね。
変えた意味は全くわからん上に、漫画基準の作画としても違和感あるけど。

そもそも漫画の絵自体がアニメに近しいのだから、作画変更は予算ケチったとしか思えない。

その分を映画に回すつもりだろうか……?

制作も『A-1 Pictures』というところに変更されています。

こいつらが戦犯か……。

なんかこう、すごい目の部分が気になってしょうがない。

なのはすら喋らないとわからなかったと言う人がいるけど、それは流石に話盛りすぎだとしてもこの作画はないなーとしか言い様がない。
つーか、一話からちょいちょい崩れてるじゃないですかー。

本当、作画は新規・古参ファン両方に酷評されても仕方ないレベル。
リリカルなのはについては、これまで円盤揃えてきたけど、これは買う気が……。

流石にバンクの変身シーンは気合入ってますね。
ここすら残念だったらもう泣くしかなかった。

まぁでも戦闘シーンの作画も今のところ悪くないかな。
ヴィヴォのシャドーシーンがぬるぬる動いてるのは素直に良かった。
この動きの描写が残念だったらVividは全ておじゃんになると言っても過言じゃないですからね。

後、お風呂シーンの作画は認めざるをえない。
フェイトさんのオパーイのエロさが神がかっている。

Sponsored Link

 

声優

ここら辺は何一つ問題はない。
フェイトさんの声が大分落ち着いた感じになってますね。
今作はフェイトさんの戦闘パートかなり少ないし、お姉さんとお母さんの中間みたいな演技で丁度いいと思います。
なのはさんも同じ感でStrikerS時代より更に大人っぽくなったかと。

ヴィヴィオや新キャラの演技や声も違和感なくて可愛いのでおいら満足です。

放送始まってから知ったけど、ギン姉だけ声優変更されてますね。
調べてみたら、前の声優さんが体調不良らしいので残念ではあるけど、致し方無し。

 

ストーリー

ストーリーは、変なオリジナル入れず基本漫画版をなぞっているので特に問題なしでした。
ちょいちょい削られているセリフもあるけど、さほど気になる程じゃないからいいやと。

恐らくはインターミドルまでやるつもりでしょうし、細かい部分削って尺に余裕もたせるのはありだと思います。

Vividはインターミドルまでストーリーの熱さと安定感が良いからこそ、アニメ版も期待していました。
ここは変な自己主張せず原作通りにさえやってくれたら文句ありませんしね。

Force? はて、知らない子ですね。

Sponsored Link

 

戦闘シーン

アニメで観ると、ノーヴェの軽くハイレグな尻が、本人の年齢的な意味も含めて気になってしょうがない。
エロいけど。悪くないけど。むしろもっとやれ。

動きは上々。
改めて観ると、ノーヴェの初撃は奇襲だからアウトレンジから一気に距離詰めたとして、アインハルトはどうなんだろう?

ノーヴェに対抗して一気に距離を詰める戦い方を選んだのか、それとも覇王流の打撃は伝統派空手のような間合いなのだろうか?

覇王断空拳は普通に派手で迫力あったはずなのに、なのはさんの砲撃がアレ過ぎて何故かちょっとしょっぱく見える不具合……。

 

 

 

 

[カテゴリ単位の記事]

コメントを残す

このページの先頭へ