Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



久々の雑記と今後の予定のお話

最近四度連続、しかもそれぞれ別の方法で書いてた文章のデータがとんで、心折れかけの下駄です。
ないわー。これはないわー状態。
どうでもいいけど、このブログの文章まで逝ってしまったので、これも書きなおしという。

一応現状の予定としては、
今年上半期の小説目標。

・なろうのオリジナルを完結
これは掲載中のものからひっそりと進んでいて、先日までエピローグを書いてたのに、そのエピローグを除いたデータが消えた。一番死にたい。

・サイキックハーツ関連の小説を進める。
今一番やる気があるのでどこまで頑張るとか余り考えていません。最初のやつが完結できたらいいな、程度。
でも最初ヤツの次回更新分のデータが消えたので書きなおしなう。
これもダークネスの仕業に違いない。

今年下半期の小説目標。
・なのは小説の本格再開。
さり気に設定見なおしたり、プロット書き直したりで進んではいるのです。
唯一データ飛んでない。むしろこれが飛んだら多分立ち直れない。

・マイナスの使い魔を完結。
最新話のデータ飛びました。(累積二回目)
ここから先のルイズを書くのは結構楽しいんだけど、三回目はキツい……。

後ブクログももう少し活発に更新したいなーと思いつつ、今は大方の時間をサイキックハーツで浪費中。
設定厨の小説書きに対してクリティカル過ぎるんですよこのゲーム……。
拓馬の次のBUが早く出来ないかなーとワクテカ中。
ついでに、めだかボックスと仮面ライダー555の感想データも逝ったよ!
こっちは乾巧ってやつがだね……。

それと、ここから先は小説のコメントをブログ機能から、それぞれ外部から専用のスレッドを用意予定。
サイキックハーツで使い始めてるやつです。
今使用してるWordPress最大の欠点はコメント機能の圧倒的な使いにくさにあると思うのです。

そんな感じで小説書きたい気持ちは意外とあるのでした。
去年はなろうでマイナスの使い魔が消えて以降ずっと執筆速度が下火だったので、今年は書く量を増やしていきたいと思っております。

最後にごく一部ですが頂いたコメントのレスを返しとこうと思います。
コメントやメッセージで応援のお言葉を送ってくれている方々もありがとうございます。
返信はできていませんが、きちんと読んではいて、私のよく折れかける心を支えてくれております!
感想専用スレを作ってからのコメントは、そっちで随時返信していくつもりです。

あかさたなさん
>>>「他人の身勝手で人の心を操るのは、絶対に許されない」

> 一見カッコイイ台詞に見えて、実は第一話でタバサさんを含めたルイズのクラスメート全員がやっているというね(使い魔のルーン)。

>「他人の身勝手で人の心を操るのは、絶対に許されない(キリッ ただし例外ってあるよね、例えば貴族とか貴族とか王族とか」

> こうですねわかります。

タバサの心情は私が書いたオリジナルなものなので、原作だと洗脳に対してどれだけの嫌悪感を持っているかはわかりません。

ただし、召喚に関しては実際に原作でも触れられておりますね。
まず使い魔のルーンに洗脳効果があるのを自覚するのは、ここからかなり後です。
気付いてからは、洗脳についてルイズは悩んでおり、その後ルーンの洗脳効果だけ魔法を解いています。

さらに召喚の魔法自体、人間が召喚されることそのものがイレギュラーです。
だからその可能性に中々思い至らなかったわけで、原作の流れと合せてタバサもまだ使い魔のルーンによる洗脳には気付いておりません。
ほとんどのメイジにとって、使い魔召喚に関する魔法は、どこぞから動物やモンスター召喚して契約を結ぶ魔法。ですが、そのプロセスはよくわかってないという認識です。
車に例えるなら、車が走る原理をパーツ単位で細かく説明できる人はあまりいないけど、車を運転できる人は大勢いる、って感じです。
才人だって召喚されてから暫くは貴族全体に対してそれなりに反抗的でしたし、そもそも現状の球磨川さんでルーンの洗脳効果を連想するのは、まず無理があるでしょうしね。

それに、事実としてギアス(制約)が禁呪扱いされている以上、ハルケギニアにおいて強制的に人の心を操るのは公にて禁忌となっていることがわかります。
なので、貴族だから魔法で人の心を支配していいという例外は成立しないと考えて、私は書いております。

まぁ物語初期の荒んでるルイズなら、喧嘩のはずみで使い魔のルーンによる人心支配だってしょうがないとか言い出すかもしれませんし、腹黒い貴族とかはメイドにギアス使っておいたしてる可能性は否定しませんけどねー。

[カテゴリ単位の記事]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ