Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



「魔法少女リリカルなのは 偽伝:緋色の平穏」の記事一覧

緋色の平穏 Ep10『極彩の殉教者12』

 右腕の先には首根っこを掴まれた鏡が、やる気なさそうに引っ張られている。 「だから何なのよ、もう」  じとっとした目で鏡はこっちを見た。自分は関係ないからさっさと帰りたい。そういう雰囲気を思い切り醸し出している。  そう・・・

緋色の平穏 Ep10『極彩の殉教者11』

 あたしの目が醒めた時には、もう全てが失敗になった後だった。クロノから話を聞いて胸に残ったのは自分に対する無力さと後悔だけ。  なす術もなくあの花びらに敗れたことへの悔しさが。ひたすら胸に残っている。  もっと警戒してい・・・

緋色の平穏 Ep10『極彩の殉教者10』

 生き残るのに大事なのは優しさじゃなくて、命を繋ぐための意志だ。覚悟が生きる威力になる。俺はあの牢屋の中で生きる覚悟を悟ったのだ。  気が付けば、俺の視点はエノクを喰らう幼い自分ではなく、その光景を見ている俺になっていた・・・

緋色の平穏 Ep10『極彩の殉教者9』

「お前は今、自分の弱さを見つめているのだろう。だけど安心しろ、救いの手はすぐに差し伸べられる」  誰かが何かをほざいてる。俺の過去に救いなんてあるものか。だから僕はこうなったのに。あそこにいるのは奪う人達ばかりで、お姉ち・・・

緋色の平穏 Ep10『極彩の殉教者8』

「あのお方の救いが、だいぶ効いているようだな。それでいい、お前の救いは、戦いの中にこそある」 「随分と余裕こいてるじゃないか」  意識が回帰し、崩れたコンクリートにまみれる俺を見下ろす秋折を睨み付ける。俺が動けないと知っ・・・

緋色の平穏 Ep10『極彩の殉教者7』

 まだお家に帰ってないので、クロノとの約束はいきなりブレイクされているわけだね。 「かーえりたーくなーい。かーえりたーくなーい。かーえりたーくないけどー、さよならマーチ」  歌うだけで、帰る気はさっぱり起こらない。こんな・・・

緋色の平穏 Ep10『極彩の殉教者6』

 円が作った朝食を摂取して、俺はいつものバイトに行ってくると家を出た。今日のバイト現場はフェイトの家である。  というか昨日の疲労が残っているだろうから、今日は家で大人しくしていろと連絡が来ていたが無視して外出だ。要は独・・・

緋色の平穏 Ep10『極彩の殉教者5』

 膝枕をした次の日、朝目が覚めたら、隣で円が俺の手を握って寝てました。  どうやら円に膝枕されてからの記憶が途絶えてるし、そのまま寝てしまったらしい。それもかなり恥ずべき失態なのはわかっているけど、それより現状をどうする・・・

緋色の平穏 Ep10『極彩の殉教者4』

「たっ君は、ずっと同じアルバイトだったよね。私と会った時から」  若干和んだ空気を、また真面目に戻されてしまう。伊達に腰を据えて、生足見せつけてきたわけじゃないらしい。いや、生足は俺が勝手に見てただけだけど。 「正確には・・・

緋色の平穏 Ep10『極彩の殉教者3』

 妨害するのは植物の蔦だ。それも、数えるのも億劫になる大量の蔦が鏡に巻き付き動きを阻害している。いいや鏡だけじゃない。蔦は俺を含め他の面子にも絡みついてきた。全ての発生源は言うまでもなく、屋上の床から空まで縦横無尽に占拠・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ