Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



「スマイルプリキュア!」の記事一覧

スマプリ 『繋ぐ手を感じて』

 夕日が眩しい砂浜に、あたしは一人で腰を下ろす。  潮風があたしの髪を優しく撫でて気持ちがいい。夕日が海に映って、あたしの友達と同じに色で輝いている。  かき氷食べ放題という理由から、れいかと一緒に受けた海の家でのアルバ・・・

スマイルプリキュアの考察のお話とか

さて、スマイルプリキュアも折り返しの新章に入りました。 個人的にはもう半分かーって言うか、二期確定しないかなぁという気分ですよ。 もっとニコ動でMADとか増えればいいのに! 特になおちゃん! 友人がスマプリ×コブラMAD・・・

スマプリ 『Dear My Hero』

 一月七日  わたしは絵を描くのが好きだ。  可愛い絵も好きだけど、描くのはいつもわたしが夢見る正義の味方。  わたしがなりたい、わたしじゃなれない、スーパーヒーロー達の絵だ。  時々、こんなヒーローを描いてみよう! み・・・

スマプリ 『捨ててもなお、残るモノ』

 ようやくやめることをやめられたわたしは、一人で自分の道を歩いている。  ただの帰り道だけど。  それでも、誰かについて回って道を探すのは終わった。  全てを捨ててわかった事実は、『捨てたとしてもそういきなり何かが変わる・・・

スマプリ 『緑川なおの割と慌ただしい日常』

 貴重な日曜日の朝、あたしは朝からふしぎ図書館で刺繍を縫っている。今日は母の日、これはそのプレゼントだ。  やろうと思えば昨日までに作り終えることはできたんだけど、そうしなかった理由は二つある。  一つは、家でやってお母・・・

スマプリ 『ココロ、赤く燻って』

 今日は戦いもないし、至って普通の日やった。  帰り道やよいが何もないところでこけて涙目になっとったんも含めて、いつも通りやろ。  それを助けようとして走り寄ったみゆきもつまずいて一緒にこけて、なんや押し倒しとるみたいに・・・

スマプリ 『誰より近くて限りなく遠い彼女』

 あたし、緑川なおには好きな人がいる。  いつも一緒にいることが当たり前で、その当たり前の意味を理解した時、あたしは恋をしているのだと気が付いた。  それは永遠に叶うことのない恋だけど、きっと普通には受け入れてもらえない・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ