Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



緋色の平穏 Ep5『ラヴスネーカー6』

Sponsored Link

 尻尾の中で身を捩って脱出しようとする偽物。そんなことで逃げられるわけもなく、少しづつ尻尾に力を入れていきます。

「ほーら、段々と苦しくなってきますよぉ。どこまで耐えられますか?」

 締め付けを強くする度に偽者の必死さが顔に滲み出てきて、やがてそれは苦悶に変わります。

「う、ぐ……うがあ」
「もう音を上げちゃうんですか? 私の暁さんなら、こんな程度じゃ音を上げません。やはりあなたは偽者ですね」

 どうにか脱出しようと、内側からの抵抗が大きくなってきますが、私の力とでは比べ物にもなりません。
 ビンの中で酸素を失い暴れる虫と同じ。
 どれだけ狂い暴れて身体をビンに打ち付けても、ビンが割れるわけないのです。

「があああああ!」

 偽者は苦しさのあまりに叫び声を上げました。もう恥もプライドもありませんね。

「くす、骨が軋む感触がわかりますよ。ほらほらぁ、もっともがいてください。じゃないと死んじゃますよ?」

 表情は必死なのに、肉体にこめられるは弱くなっていく。なんて脆弱なんでしょう。
 まるで昔の私みたいです。そんな弱い私なら潰さなくちゃ。

「もうやめて、拓馬が死んじゃう!」

 壊れた壁の向こうからの懇願、発言者はアリサさんでした。横にはすずかさんもいて、叫びはしないけれど、強く拳を握りしめています。

「嫌です」
「ぐぇえあぐぁぁぁ!」

 二人を一瞥した私はそう素っ気なく答え、偽物をさらに締め上げます。
 悲鳴もどんどん搾り出すようになっていって面白いです。まるで雑巾みたいですね。

「拓馬! お願いやめて!」

 うるさいなあ。まぁこのままだと死んでしまいそうですし、少女の叫び声に応えて尻尾の力を抜いて様子見しましょう。
 偽物にはもう、抵抗する力も感じられません。
 これじゃ駄目です。もっともっと壊して、私は暁さんと結ばれないといけないのですから。

「しょうがないですね。解放してあげます」

 投げ捨てるように放り投げた偽物は、少女達の前に落下。低く呻いてうつ伏せに倒れました。
 最初の威勢は何処に行ったのでしょう? 少し巻きついただけなのに、とても無様です。
 やはりこんな人が暁さんなわけがありません。

「拓馬、しっかりして、拓馬!」
「たっ君酷い怪我だよ。早く治療しないと」

 少女達は偽物に寄り添って、暁さんの名前を呼んでいます。
 こんな粗悪な偽物にまだ騙されているのですか。馬鹿な子達ですね。

「う、むぅ……」

 二人の声が届いたのでしょうか? 偽物は緩慢な動作ながら、肘を立てて起き上がろうとしています。
 偽物のくせにヒーロー気取りでしょうか? 見苦しいけど都合は良いです。

「いいですよもっと足掻いてください。そうしてくれた方が私も壊しがいがありますから」
「何言ってんのよ。これ以上やったら本当に拓馬が死んじゃうわよ!」

 アリサさんはいったい何を言ってるんでしょうか。
 そんなの当たり前なのに。
 そのためにやっているのに。

「当然ですよ。私は偽物を殺そうとしてるんですから」

 牙を持たせた触手を数本、偽物へと向かわせます。
 私のやろうとしていることに気付いたアリサさんは、すぐすずかさんと一緒に偽物へ被さり庇おうとしているようです。

「これ以上は絶対やらせないから!」
「無駄ですよ。貴女達はさっきまで何を見ていたんですか?」

 この子供達は暁さんのお友達みたいですし、偽物に騙させている被害者ですから刻むつもりはありません。
 けれど私の触手は自由自在。小回りもききますから、人の隙間を縫うくらい簡単です。

「アリサ……。すずか……うぁ!」

 ようやく両腕を伸ばし、胸を反らすようになったところで、鋭い牙が偽者の腕に喰らいつきます。
 立ち上がるための支えを失った偽物は、またその場に倒れました。
 赤い噴水がその場で湧き上がって、寄り添う三人を染色していきます。うふふ、チープなスプラッタ映画ですね。

「拓馬! 嫌っ! 腕が……腕が……うっおぇぇぇ!」

 酷い子ですね。ついさっきまで必死に守ろうとした人なのに、切り落とした腕を見て吐いちゃいましたよ。
 私はあれが暁さんの腕なら、宝物として腐ってしまわないよう一生大切に保管するのに。
 きっと本当は大切じゃないんですね。

 やっぱり暁さんには私さえいればそれで何もかも上手くいくのです。

「アリサちゃん! もうやめてください! 私はどうなってもいいから、これ以上わたしの友達を傷つけないで!」
「貴女も何を言っているんですか? 私の目的はそこの血溜まりを作っている偽物をバラバラにすることなんですよ。早くどいてください」
「げほっすずか! あんたも何してんのよ、逃げて!」

 すずかさんは私の話を無視して、両手を広げ偽物の前に立ちます。何度忠告してもこうですか、しつこい子達です。
 偽者に洗脳され尽くしちゃってます。

「退いてください」
「嫌です!」

 これはもう、何をしたってこの子は助かりませんね。本物の優しい暁さんが知ると悲しんでしまうかもしれませんが、もうまともに戻れない子ならここで死んでしまった方が楽になれるはずです。

「そうですか。そこまで私の邪魔をするのなら、貴女も一緒に解体してあげますよ」

 すずかさんに牙の生えた触手達の先端を向けても、彼女は微動だにしません。大人しくしてれば、死ぬこともなかったのに。

 私だって無用な犠牲は出したくなかったのですけど、これでは仕方ありません。悪いのは全て偽物です。
 それにここまで我慢したんです。暁さんだって許してくれますよね?

「やめて、やめてよ……うぇ!」
「私は大丈夫だから、アリサちゃんはたっ君と一緒に少しでも逃げて。きっとすぐ、なのはちゃん達が助けてに来てくれるよ」
「誰も助けになんて来ません。ここは私の世界、誰も入ってることはできないんです」

 そう、誰も助けてくれない。あの日の私が大切なものを奪われたように。
 いくら強がって見せても、この子達にはもう助かる道なんて残っていないのです。
 弱い人は何をしようと叫ぼうと、一方的に奪われて蹂躙されて、めちゃくちゃにされるしかない。私は誰よりもそれを知っています。

 だからこの子にも教えてあげましょう。
 私がどれだけ痛かったのか。苦しかった。悲しかったか。死にたかったか。

「そんなことないです! 私はなのはちゃん達のことを信じてる。それにあなたの暴力にも屈しません」
「それじゃ、勝手に信じて、勝手に後悔して死んでください」

 勇敢に? はたまた無謀にでしょうか?
 立ち塞がるか弱き少女を突き刺して、切って棄てようとしたまさにその時、すずかさんの後ろから動きがありました。

「やれやれ。どいつもこいつも、ズレたことぬかしてくれるな」
「拓……馬……?」

 布団から起き上がるような速度と気だるい声で、偽物が立ち上がったのです。
 切断した腕からはとめどなく血が流れ続けているのに、気にかけてすらいません。

「所詮はこんなもんか。いたぶらずにさっさと壊してれば、まだお前にも可能性が残っていたろうに。ククク、とんだ凡夫だな」

 言いたい放題挑発して、またあの厭らしい声で笑っています。
 ここまでやられておいて、強がりもいいところです。

「腕を失っておいて何を言ってるんですか? 今頃何を言ったってかっこ良くなんてならないですよ」
「そうよ、速く止血しないと、ホントに死んじゃうわよ!」
「ククク、だからズレてるんだよお前ら。腕なんぞどうにでもなる」

 どうにでもなる? 偽物は意味不明な発言をしたかと思えば、腕の断面をこちらに向けました。

「なっ!?」

 すると突然赤い何かが生えて、一直線に私へと向かってきます。
 突然のことで反応できず、赤い何かは私の首に絡みつき締め上げてきました。
 これは、赤い――腕。
 伸びてきた腕に首を絞められてるの!?
 でもそんな、偽物の腕は床に転がっているのに。

「うぁ……あ……こひゅ……」

 息が、できない! だったら私の牙で切り刻んでしまえばいいだけです。

「すずか、アリサを連れて、今度こそ離れてろ」
「うん。アリサちゃん大丈夫?」
「わたしだって問題ないわよ、このくらい」

 私の牙は何度も赤い腕を突き刺して切断してしまい……。

「無駄だよ。その芸はもう見た」

 触手で腕は簡単に切れるのに、何度刻んでもすぐに再生して私から離れない!
 私は苦しさから触手を振り回して抵抗しているのに、偽者も平然と二人の少女と話しています。

「そんな、どうし……ぐぇ」

 無我夢中で引っ掻いても、指が痛いだけで、どうにもなりません。
 どうして!? 苦しい! このままじゃ、このままじゃ……窒息して死――

「げほっ! ぜぇ、はぁ、ぜぇ、はぁ」

 意識が遠のきそうになったところで、偽物は手を離しました。
 腕は赤いままですが、普通の長さに戻っています。

「残念だが、まだまだお前の悪夢は終わらない。終わらせない」

 そして私が立ち直る前に、身体を伏せ前屈気味になって床を蹴り殴りかかってきました。

≪スカーレットストライク≫

 性懲りもなく真正面からの打撃ですか? これなら効きません。
 私はさっきと同じく、蛇の身体で攻撃を受け止めます。

「くうぅ!」

 偽者の打撃が重く響くやいなや、身体全体が浮き上がり数メートルは飛ばされました。
 同じ右拳、同じ攻撃のはずなのに、一度目とは比べものにならない衝撃が私の内部に響いてきました。
 受身も取れずに廊下へとぶつかります。さっきまでと違いもの凄く痛いです。

「寝てる暇があるなら、生き延びる術を考える方が賢明だと思うぞ」

 倒れてうずくまっている私罵詈雑言を浴びせかけてきます。女の子を平気で痛めつけて、なんてこと言うんでしょうか。
 偽物が私を傷つけた。偽物が暁さんの私を傷つけた。そうです。私は暁さんだけのものなんですから、私を好きにしていいのは、世界でただ一人暁さんだけなのです。

「許しません……許さない。絶対……」

 この偽物は私を穢す。心を穢す。身体を穢す。想い出を穢す。
 この人がいる限り、私は幸せになれないと確認しました。
 だから絶対。絶対に。

「許さない……絶対絶対絶対にぃ!」

 絶対に許さない。許すはずがない。

「殺してやる! それから殺してバラしてもう一度殺してやる!」

 出せる触手を全てだし、偽物を殺して、バラバラにして、壊して、さらに殺すために放って殺す! 殺す! 殺す!
 一度や二度じゃ殺せないなら死ぬまで刻めばいいだけ!

「ククク、威勢は認めてやるが、そいつは凡庸過ぎるな」

 偽物の赤い腕に変化が起きました。
 それは腕をやめて幾本もの刃へと変貌していきます。その形状は刃の付いた私の触手達と瓜二つ。

「何を驚いてんだよ。これぐらいの芸当なら、俺にもできるさ」
「どこまでも紛い物ですね、貴方は」
「ただの紛い物かどうか、試してみるといい」
「望むところです! 私の力は私だけのものなんですから!」

 緑の触手と赤い触手が、幾度も交差して互いに互いを切りつけ合います。
 ただし偽物の触手はいくら切り落としても即座に繋がって治り、減ることがありません。

「そんな、そんな! 私の牙が……偽物なんかに!」

 触手の早さや正確さは勝っているのに、私の触手だけが一方的に蹂躙されています。こんなの殺し合いにすらなっていない、片殺し。
 しかも、私の触手が減るにつれて、偽物の触手は段々と私の方に近付いていきます。

「嫌、こっちに来ないで!」

 一本、また一本と私の触手は数を減らしていき、やがて偽物の進路を阻むものは何もなくなっていました。

「やめて、痛い! 痛いです!」

 血のような触手が私の肌を這いまわって巻き付きながら食い込んできます。
 もがいても、引きちぎっても、相変わらず効果はありません。力任せに暴れても再生されては私の疲労だけが溜まっていくのですから。

 触手によって私は体中を蹂躙され、完全に身動きを封じられてしまいました。
 せめてもの抵抗で睨みつけると、涼しい顔で偽物は言い放ちます。

「そんなに嫌なら解放してやるよ」
「え?」

 後ろへ逃げように力を入れて抵抗していたのに、身体が前に引かれだしました。
 引かれる速度は上がっていき、偽物との距離が縮まっていきます。触手が短くなっているようです。
 もう少しで手が届く範囲になるところで、砲丸を投げるみたいに捨てられました。

「きゃあ!」

 投擲の落下地点には偽物が流した血溜りがあって、滑るように倒れ込みました。
 さほど痛みはありませんが、全身血塗れになって気持ち悪い。

「なんだ、放してやったのに、睨みつけるのか? わがままな奴だな」
「貴方だけには言われたくないです!」

 このままではさらに攻撃される。そう考えて血も拭わないで立ち上がると、偽物は変わらない笑いを張りつかせて私を見ています。
 待っててやったとでも言うつもりですか?

「それじゃ、続きだ」

 ただ右手をまた人の腕の形状に変え、親指と人差し指だけを伸ばして私へと向けてきました。ピストルを形作ってるみたいで、まるで幼い子供のよう。

「ばん」

 おもちゃのピストルを撃つように偽者は口で発砲音を出して、手首を軽く上に曲げます。

「何をやってい」

 ばん。と、偽物の動作から数瞬後に私の脇腹が爆ぜました。

「あがぁ!?」

 驚きと皮膚が焼ける新たな痛みに、ただ蹲るしかなくて声もまともに出せません。
 
「ばん、ばん、ばん」

 ばん。右肩。

「いづう!」

 ばん。左手。

「はがぁ!」

 ばん。胴体と尻尾の境目。

「ひぎぃ!」

 痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!
 痛みに耐え兼ねて、私はまた転倒してじたばたと血の中でのたうち回ってます。
 でも、倒れたところへも容赦なく撃たれます。痛い!
 撃たれるのは嫌、もう痛いのは嫌!

「ばん」
「嫌嫌嫌いぎゃあ!」

 這って逃げるところを背中に発砲。
 痛いから逃げたいのに、痛いから逃げられない。
 かわすことも、守ることも、逃げることも許されません。

「もうヤだよぉ! 痛いの嫌ぁ!」

 あまりにもどうしようもない状況。
 涙が止まらない。
 痛いの、本当に痛いの!

「ひぐっ、うぇ、うああああああん!」

 ほんの少し前まで、私が偽物を壊していたのにぃ!
 どうして? おかしい、おかしいよこんなの!

「ククク……。所詮は偽物か」
「ひぐぅ……もうやめて……」

 偽物に偽物と呼ばれました。
 私は本物なのに、本当に暁さんを愛してるのに……けど、もう痛いのは嫌で何も言い返せない。

「仮初めの狂気も剥がれたところで、そろそろおしまいにするか」

 偽者の口からおしまいと、そう聴こえました。
 許してくれるの?
 やっと痛いの終わりにしてくれるの?

「スカーレットバインド」
「っひぃ!?」

 身体中から蔦が生えてくる!
 また全身を蔦が蠢いて、絡めとられれます。
 私の意思を無視して、両腕を横に開いた姿で立たされ固定されてしまいました。

「磔と言えばこの姿だろ」

 磔? これってイエス様が十字架で磔にされたあの格好に少し似てるような……。
 普通この姿でされることって、処刑――殺人?
 私、殺される?

「許してくれるんじゃないのですか!?」
「何ほざいてるんだ? これは殺し合い。おしまいにするなら殺すに決まってるだろう」

 死ぬの?
 殺されるの?
 誰?
 誰が?
 私。わたし、わたしだ。私が殺されるんだ。
 ワタシガコロサレル?

「嫌、嫌だ。許して殺さないで! 殺さないでください!」
「お前、さっき俺を殺してやるって言ったよな。人を殺すってことは、逆に殺されることも許容するってことだろ」

 そんなの知らない!
 そんなの聞いてない!
 私は死にたくないだけ!

「死にたくない! 私は死にたくない!」

 首を振り泣きわめき続けても、偽物はただ冷淡な瞳で私を見るだけです。
 そこに慈悲や憐れみの類の感情なんて見て取れません。

「うるさい」
「死にたくない。死にたくうがっ!」
「お前に許されるのは力での抵抗だけだ。口で喚いても俺は殺せない」

 猿ぐつわを噛まされ、頭も縛られ完全に固定されました。
 もう懇願することさえ許されないの?
 刻一刻と、私のおしまいが私の死が近付いています。

「スウィンダラー。血溜まりを全て魔力に変えろ」

 偽物の後ろ、私が倒れてた血溜まり。私がこの身を引き摺って出来た赤い道。家中の流れ出た血が蒸気になり沸き上がってきます

≪スカーレットブラスト≫

 それはどす黒くて赤い塊で、緋色の闇。
 偽者の血が足元から吹き上げる突風になって私を殺しにきます。

「うぅ–! ううううぅ!」
 迫ってきます。緋色の闇がこっちに迫ってくる!
「大好きだよ御堂」
「う?」

 大好き?
 偽物が大好きって私に?
 呼び捨てで私を呼んでくれた。
 暁さん……?

 もしかして私を助けるために、帰ってきてくれたのですか?

「最初から最後まで俺の思い通りに動いてくれてさ」

 嗚呼、私はなんて馬鹿なんでしょう。
 本当、何度騙されれば気が済むんでしょうか。

 この悪魔が、そんな優しさを見せるわけがないのはこまででわかっていたはずです。
 偽者なんて初めからいなくて、暁さんは私に嘘をついていただけなのに。

 気付いていた、心のどこかでわかっていたはずなのに……。

「うぐぅぅぅぅぅぅ!」

 赤い塊が私の視界を占めていきます。
 恐いよ、助けて暁さん。
 緋色の闇が私に触れ……熱熱熱熱熱熱熱! 熱いよ! 熱いの!
 痛いよ。痛痛痛痛痛痛痛痛痛! 見えないけど、緋色が触れた部分が焼けて痛い!
 嫌です、死ぬのは嫌!
 嫌嫌嫌生きたい。もう誰にも愛されなくていい。
 私はただ生きたい!
 熱熱熱熱身体が緋色に包まれていく痛痛痛嫌嫌嫌熱熱熱熱熱全部が緋色に染まって痛痛痛痛痛痛熱痛嫌熱痛嫌熱痛嫌助けて熱熱熱痛暁さん痛痛嫌熱熱助けて熱熱恐嫌熱許して生きたい熱熱嫌嫌熱熱痛死にたくない痛痛痛嫌嫌痛痛死にたく熱熱熱死痛死嫌死熱死死死死死死死死死死――――――

Sponsored Link

[カテゴリ単位の記事]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ