Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



緋色の平穏 Ep6『独善の剣7』

「俺は言ったぞ、勝つってな」
「愚かな、穢れた魂はまだ敗けを受け入れないか」
 武器がないから勝てない。
 そういう考え方が、質の悪い魔導師を量産させるんだよ。
 素手で勝てなければ、ナイフを持てばいい。
 ナイフで勝てなければ銃を弾けばいい。
 ちょっと前にも同じ手を使用したのが、俺という人間の限界を感じさせる。
 しかし真に大事なのは生き残りであるという観点から、あえて問わない選択をしておく。
「たっ君は、優しくないけど、穢れてなんかないよ」
「何奴だ!」
 声の主は、ダイセイオーより高い位置で魔方陣を展開し、杖――レイジングハートの発射態勢を整えていた。
 おいでませ、白い悪魔さん。ダイセイオーが赤くないのが、ちと残念である。
「エクセリオンバスター!」
「むおおう!」
 魔力砲よりは桜色の激流と呼んだ方がしっくりきそうな一撃が、ダイセイオーを吹き飛ばした。
 ダウンせずに空中で踏み留まったのは、中身が腐っていても強化型ってとこだろう。
 少女に力押しされる巨大ロボ、存外絵になるな。シュールな方向性限定で。
「俺の勝ちだ」
「どこがだ、たまたま仲間が着ただけだろう」
「だって俺の役目は時間稼ぎだったし」
 ならば仲間が来た時点で俺の勝利だ。勝利条件晒した憶えもないから、言ったもの勝ちだ。
「敵との接触は気づかれている。そこから前回の叶の結界解析にかかった時間を考慮すれば、救援が来るまでの時間は大まかに割り出せる」
 俺のスタンスは力を技術でからめとる。パワーバトルはパワーファイターにお任せすべし。持ち味を生かすのは大事なのさ。
 けど、本郷がすぐにカッとなる我慢のできない現代人じゃなければ、これすら難しかった。
「屁理屈を。それに、貴様達が得意な卑怯の一手にはもう慣れた!」
 慣れるだけで、対応策は講じていないのがいかにも本郷だ。
 同じ“正義の味方”でもプロとアマの差は埋め尽くせない溝をあけている。
 ダイセイオーはすぐに立ち直り、乱入者を敵視。
 なのはは視線を受け止めるが、巨大ロボが敵であるまさかの事実に戸惑っているようである。
 しかしそれだけで終わる管理局のエースではない。
「はぁっ!」
 金色の大剣が、バランスを失っているダイセイオーの顔面に叩き降ろされた。
 黒と金がよく似合う少女フェイトのお出ましだ。
「ふごぉ」
 また間抜けな声を上げ、バランスどころかコントロールまで手離した巨塊は、陸へと不時着を余儀なくされる。
「やほーいフェイフェイ」
「たっ君達は無事みたいだ」
 巨大ロボをなぎ倒した少女は、安堵し表情を和らげる。
 フルコース料理なら、これでもまだ足りないよな。
「響け終焉の笛」
 立ち上がる間も与えはしないと、詠唱を開始したのは黒き翼と白いバリアジャケットのはやてだ。
「ま、待て、三対一なんて卑怯だぞ」
 お前は何体合体してんだよ。
 慣れた卑怯の中に多対一は含まれていなかったようだ。
「ラグナロク!」
 三角形で形作られたベルカ式の魔方陣の各頂点から3連の砲撃が発射された。
 ダイセイオーへと着弾した魔力は拡散しダイセイオーを包み込む。
「うぐあばばばばばば!」
 意味不明な奇声を上げながらダイセイオーは広域魔法の中でもがきあがく。
 ポーズは犬掻きだったり平泳ぎだったり。リアクション芸人にでもなればいいのに。
「ふごー、ふごー、ふごー」
「なんて装甲なんや……」
 はやては、自分が使用できる最大魔法を受けてもまだ、戦闘続行可能なロボに目を見開いている。
 先になのは達が仕掛けているし、破壊が困難であることは否定できない。
 俺の仕事はまだあるようだな。
「やってくれたが、今度はこちらの」
「アハハハハハ!」
 ダイセイオーが戦闘再開を宣言しようしたが、甲高い笑いが打ち消した。
 頭上には巨大な魔方陣が出現している。
「おいおい、マジかよ」
 輪廻さんが展開したと思われる白銀の円。そこから召喚された最後の一機は――
「球太郎改、推参!」
「推して参らなくていいから帰れ。脱衣マシンと男の娘」
 球体のみで形成された脚のない戦闘兵器。やたら凶悪なデザートがまだ後に控えていた。
 腕の近く、肩部に該当するのだろうか、見慣れない球が二つ追加されている。
 しかしあのディテールは間違いなく、俺を非日常に突き落した、あの球太郎だ。
 犯人捕獲用と言っていたが、マジだったのか?
 しかも強化までしちゃって、輪廻さんの本気感が伺えてすごく嫌なんだけど。
「トルバドゥールが造り上げた巨大兵器か!」
 お恥ずかしながら、Exactlyだよ。
 おまけに強化型は中の人までいやがる。巨大ロボと女装趣味の組み合わせって、どんなけ狭範囲の需要を狙い撃ちしにきたんだ。
「行くわよ無敵に素敵なスーパーロボット!」
 すごいハイテンションでノリノリにポーズを決める鏡とロボットが心底ウザい。
 ここまで割と充実していた俺のやる気が、大根おろしにかけられたようにごりごり削られてく。
 もうお家に帰って、円の膝の上でごろごろすーはーくんかくんかしたい。やったことないけど。ないんだよ!
「拓馬」
「なんだ?」
「今北産業」
「め。ど。い」
「ノリが悪いわよ」
 一言を3つに区切ってみた。駄目だった。
 ノリとか言われても、そののっぺり面を見ただけで、俺のモチベーションはガタ落ちなんだよ。
 ボスボロットのような表情変更装置を設けてから出直してこい。
 ふと思ったが、あれってマジンガーよりもはるかに高性能だよな?
「隙あり、セイテイブラスター!」
 余程不意打ちされ続けたのが堪えたのか、本郷が遂にやり返した。
 容赦のない魔力砲に、球太郎が無防備なままに被弾する。
「戦場で気を抜くからそうなるのだ」
「ちぃっと効いたわよ、スパロボ野郎」
 魔力爆発による煙が晴れ、球太郎の姿を確認する。
 ビームの直撃を受けた装甲は、熱で融解しているが、これくらいなら戦闘に支障はない。相変わらず、魔力としてのダメージは薄いようだ。堅牢さではこいつもダイセイオーに負けていない。
「よくもこの私に熱いのをかけてくれたわね。私は責められるより責める方が好きなのよ!」
「そんな本音は漏らさんでいい」
 ほらもう、少女達が首傾げたり、恥ずかしそうに俯いたりしてるじゃないか。
 球太郎の半球(顔)についている口が開き、球(手)からはそれぞれ五本の砲身が生えだした。
 球(腹)についている砲台はまだ封印するらしい。
 あいつの身体は表現しやす過ぎるから、かえって嫌いだ。
 戦闘態勢に入ったのだけど、どうにも口の形が欠伸しているように見える。
 緊張感ブレイカーでも発射したいのか?
「鏡さんを助けないと」
 同じ射撃戦を得意とするなのはが、いち早く援護にまわろうとするが、早くも怒髪天なオカマが許可をださない。
 連係プレー、それはお前達の鑑賞会だろ。みたいな。
「手出しは無用よ。こいつは私が消し飛ばす」
「殺すなよ?」
 こいつには釘を刺しておかないと、それこそ中の人を忘れて爆破四散させかねない。
 なのは達は非殺傷で戦っていたのに、全部ぶち壊しかねん。
「一割生かす」
 九割殺して生命を維持させる方が、生かすより難しくないだろうか。
 現実で体力一をドットだけ残すのは至難の業だぞ?
「ファイヤー!」
「くるか、セイテイダブルキャノン!」

[カテゴリ単位の記事]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ