Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



オリジナル短編 『マイライフ』

 僕は、ずっと僕だ。
 産まれてから今日まで、ただ僕でしかなかった。

 僕は僕の人生を生きてきた。
 ただただ、生きてきた。
 ただ、生きてきただけだ。

 多くの人と関わった。
 僕以外の人は、僕よりもっと多くの人と関わったのだろうけど。
 そして誰にも大した影響なんて与えられなかった。

 薄っぺらい人生だと思う。
 不器用だからと言い訳をして、自分で薄め続けた人生だから。
 今も薄め続けている人生だから。

 何かをする前に、結果だけを妄想して。
 それはとても楽しいけれど、それだけでは何も掴めやしない。
 スタートラインに立ってみた。
 とたんに楽しい妄想は、壁だらけの現実にすりかわる。

 成功した人を見て羨む。
 もてはやされる人に嫉妬する。
 自分は認められる努力すらしていないくせに。

 ああ、きっとこれが僕で、僕は僕なんだ。
 僕はこのまま死んでいく。何も残せず死んでいく。
 妥協と浅い快楽に浸かって、死ぬ寸前に後悔する。
 どうして、何もしてこなかったのだろうと。チャンスはいくらでもあったのに、と。

 わかっていてもいても、動けない。
 だって僕は僕だから。
 誰にも爪痕すら残せずに、消えていくだけの僕だから。

 そろそろお別れを。
 告げる人もいないけど。
 誰に告げればいいのかわからないけど。
 さようなら。

[カテゴリ単位の記事]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ