Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



オリジナル短編 『僕の君』

 僕の君へ。

 僕が誰より愛する君へ。
 僕が最も畏怖する君へ。

 君と出会うまで、僕の世界は灰色だった。
 君は君の作った赤い服を着て踊り、僕の世界に色が生まれたんだよ。

 僕が詰まらなさそうな顔をしてる時、君は無邪気に笑っていたね。
 君に釣られて僕も笑って、初めて僕は幸福を感じたんだ。

 ありがとう、僕の君。

 君がくれた温もりは、ちゃんと肌で覚えているよ。
 だけど君が作る居心地の良さに甘えていると、きっと僕は駄目になるから。
 君とは此処でお別れしよう。

 心の折れた僕の世界を、君が変えてくれたんだ。
 君が与えてくれた世界に魅せられて、僕は甘い誘惑に酔いしれた。

 孤独な世界だったけど、君が居たから僕はここまで生きて来れたのさ。
 ゆっくりと死んでいくだけの僕に、君は尊い自由を与えてくれたから。

 ありがとう、僕の君。

 僕はまだ君を愛しているよ。ずっとずっと愛してる。
 それでも君が与えてくれる快楽に、溺れてしまうのは間違ってるから。
 僕はずっと、君という自由が怖かった。

 さようなら、僕の君。

 君はずっと、君の心のままにステップを刻んでた。
 誰の理解も届かない君の在り方が、いつしか僕の心にも伝わってきたよ。
 だけどね。
 だからね。

 僕は君とお別れするよ。

 だから君と、もう一度だけダンスを踊ろう。
 踊る君はどこまでも楽しそうで、赤い世界が広がっていく。
 そして僕はごめんねと呟き、滴る雫を拭った。

 建物の上、見上げる空はこんなにも青く澄んで。
 見下げた先には、たくさんの人が命を紡ぐ。
 もう会うこともないだろうから、最期にめい一杯のお礼を言わせて。

 ありがとう。
 ありがとう。
 ありがとう。
 愛してる。
 僕は今、決別の一歩を踏み出した。

[カテゴリ単位の記事]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ