Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



緋色の平穏 プロローグ『二人の時間』

Sponsored Link

 優しい現在いまと、絆の未来を。

          ●

 ――起きてよたっ君、もう朝食の準備はできてるし、そろそろ起きないと学校遅刻するよ!
 ――もう、たっ君また襟が立ってるよ。ちょっと動かないでね……。よしこれで良いよ。
 ――野菜を残しちゃだめだからね、たっ君。
 ――ほら、たっ君の歯ブラシに歯磨き粉付けておいたからね。

 今日も隣に住んでる男の子、たっ君は中々起きてくれません。起きてもブラウスのボタンは掛け違えてるし、ほっぺにご飯粒ついてるしで、見ていて見事なまでの駄目っぷりです。
 ようやくたっ君に朝ご飯を食べさせて支度して、二人一緒にマンションを出ました。
 大きな欠伸をしているたっ君の隣で、私は腕時計を確認します。よし、この時間なら今日は二人で走らなくても大丈夫だね。二人でのんびり歩いて登校です。
 やたらと二人を強調するのは、いわゆる一つのそういう意味。もっとも、鈍感なお隣さんはまるで気付いてはくれませんが。
 でも、それで良いのかもしれません。だって、

 ――近くの廃ビルにカラスのお化けが出たんだって。
 ――喫茶翠屋にね、新しいケーキが増えたんだよ。放課後一緒に寄ってこうよー。
 ――そうだ、冷蔵の残りの食材少ないからそろそろ買い物しないと駄目だよ?
 ――むぅ、だからお母さんて言うなー!

 ああ、楽しいな。
 たっ君のお世話をするのも、こうやってお喋りしながら一緒へ学校に行くのも、学校帰りに二人で寄り道するのも、全部楽しい。
 大切な友達と二人だけの時間。
 こんな楽しい毎日が、いつまでもいつまでも続けばいいのに。

Sponsored Link

[カテゴリ単位の記事]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ