Previous Image
Next Image

info heading

info content


ヘッドライン



スマプリ 『捨ててもなお、残るモノ』

 ようやくやめることをやめられたわたしは、一人で自分の道を歩いている。
 ただの帰り道だけど。
 それでも、誰かについて回って道を探すのは終わった。
 全てを捨ててわかった事実は、『捨てたとしてもそういきなり何かが変わることもない』ということだった。
 重荷を捨てても、わたしがわたしであるのは同じなのだから。
 急に軽くなった体は、ふわふわとして地に足が付いてるのかも怪しくて。
 自由過ぎると何をしていいのか却ってわからなくなるのだと、初めて知った。
 知ってしまった。
 知ってしまうと、不安が生まれる。
 何か見つけなければと光を探すと、今度は焦りが生まれる。
 与えられるというのは、安心を得ることでもあったと知った。
 与えられたものを失ったわたしは、なんて弱いのだろう。
 自分で何をしたらいいのかすら、わからなかったから。
 結果としてわたしが選んだのは、自分のやりたいことを見つけるために、もっと多くのことを知るという道。
 見つけるために知る。
 探すために道を歩く。
 それをお祖父様に告げたら、
「やりたいことを探す道か。全部やめた結果、それが見えたのなら、そうするがいい」
 そう返してくれた。
 いい。
 とは言ってくれたけれど、
 正しい。
 とは言ってくれなかった。
 わたしが選んだこの道は、本当に正しいのか。わたしにはわからない。
 それは、誰かが教えてくれた道じゃないから。
 わたしが一人で選んだ道だから。
 わたしは正しい道を選べているのかしら?
「れいかー!」
 ふと、わたしを呼ぶ声が聞こえて後ろを振り返る。
 でもわざわざ背後を確認しなくとも、声の主は誰かはわかっていた。
 わたしが、その人の声を聞き間違えるわけがないから。
「なお……」
 空いてる左手を大きく振って、彼女は笑顔でわたしの背を追いかけてくる。
 爽やかで、見ているこっちまで嬉しくなってしまう笑顔だった。
 わたしが足を止めると、なおはすぐわたしに追いつく。そして自然と歩調を揃えて、わたし達は再び歩き出す。
「れいか、今日は部活?」
「ええ、そうよ」
「そっか、弓道部もちゃんと再開したんだね」
 自分の道を決めたわたしは、全てを元通りにして日常に戻った。
 勉強も、生徒会も、部活も。
 そしてプリキュアも。
「なおも、サッカー部の帰り?」
「うん、そうだよ」
 なおの額に薄く浮かぶ汗は、練習の後だからなのかしら。それとも、わたしの後を追いかけてくれたから?
 後者だったらいいのに、なんて思うわたしはきっとわがままね。
「でも、今日はこれから一度家に帰って、図書館に行くんだ」
「図書館に?」
 なおは本を読むより体を動かす方が好きなタイプなので、少し予想外だった。
「この前れいか、弟達にサッカーの歴史を教えてあげたら喜ぶと思うって、アドバイスしてくれたじゃない?」
「それで、さっそくサッカーの歴史についての本を調べてるのね」
「うん。けど、お昼休みに図書室へ行ったんだけど、あまりいいのが見つからなくって」
 やると決めたら一直線。なおらしい行動の早さだった。
 そう言えば、今日はお昼ご飯を食べたなおはどこかに消えてしまったけど、それが理由だったのね。
「それならわたしも一緒に探すのを手伝ってもいいかしら? 近くの図書館ならよく行くから、きっと役に立てると思うの」
「ホントに? れいかが手伝ってくれるなら、すごく助かるよ!」
 中学生になってから、なおと一緒に過ごせる時間は減っている。手伝いたいだけじゃなくて、それを少しでも埋められると思ったのも本心だった。
「それにしても、れいかはすごいよ。自分のやりたいことと一緒に、あたし達の勉強する意味まで教えてくれるんだから」
「そんなことないわ」
 謙遜じゃなくて、本心からそう返した。そんなわたしに、なおは怪訝そうな表情を向ける。
「どうして? あたしは今でも自分のことで手一杯だよ」
 動いてる動機はどちらかというと弟達のためなのだけど、なおにとっては自分のことと変わらないくらい、当たり前の行動なのね。
「だって、わたしは自分が選んだ道が本当に正しいのか、わからないから」
「それって、どういう意味?」
「わたしは皆から様々なものを学んで、やりたいことを見つけるためにもっと色々学びたいと、初めて自分で道を選んだ。でも、それが正しい道なのか自信がないの」
 今まで自分で何も選んでこなかったから。
 きっとこれは、その代償。
 道を進むのをやめるつもりはないけど、この不安をぬぐうこともできない。
「わたしの選んだ道がもし間違ってたら」
「同じだよ」
「え? 同じって……」
 なおの言う『同じ』の意味がわからなくて、きょとんとした顔で、わたしはなおを見つめる。
 なおは、あの爽やかな笑顔だった。
「だって、もしれいかが間違った道を選んだとしても、あたしが止めるから」
 それはごく当たり前のように紡がれた。紡がれていく。
「人は誰だって失敗するし間違いもするよ。絶対に正しい人なんていない。だから間違ってもいいんだよ」
 間違ってもいい。
 正しい道を選ばなくては、そう考えていたわたしになおの言葉は衝撃だった。
「あたしはれいかがどんな道を選んでも、れいかを応援する。どんな時だってあたしはれいかを守るから」
「なお……」
 選んだ道は消せない。
 だから正しくあらねばならない。
 そうではなかった。
 わたしは道を間違えたって、それを見守って正してくれる人がいる。
「れいかは真面目だから、ちょっと肩の力を抜くくらいが丁度いいんだよ」
「そうね。ありがとう、なお」
「どういたしまして」
 そこでふと大事なことを思い出す。あの日、わたしが本当は何をしたいのかを探し始めた日に、なおがしてくれたこと。
「わたしが全部やめると宣言した時だって、なおが休ませてあげようってフォローしてくれたから、わたしはいつも通りに戻れたんだものね」
 もう既になおは、わたしの間違いを正してくれていた。きっと、わたしが気付いてないだけで、もう何度も助けてもらってる。
「ははは、改めて言われると照れちゃうね。でも、そんなのお互い様じゃない」
 お互い様。
 わたし達は子供の頃から、今でも子供だけど、もっと小さな頃から大切な友達だった。
 かけがえのない。変えたくない友達。
「それに、皆の中でれいかのことを一番わかってるのは、幼なじみのあたしなんだから」
 いつも通りななおの笑顔。だけどわたしにはとても眩しく思えて、熱くなった頬を撫でるように、気持ちのいい風が吹いた。
 もう迷わない。
 わたしには、自分をこんなにも近くで支えてくれる人がいるから。
 わたしは、わたしの信じた道を進む。
 お祖父様、今ならわかります。
 お祖父様がわたしの選んだ道を、正しいとは言ってくださらなかった理由が。
 正しい道を歩むことが大事なのではない。
 正しくあろうとする心こそが大事なのですね。
 正しさを探していくのも、また道だと。
 お祖父様はあえて何も言わないことで、わたしに教えてくださっていた。
 なら、わたしはここでもう一つ、自分で道を選びます。
 わたしの選ぶ、だけど、わたし以外には秘密の道。
 わたし、青木れいかには好きな人がいます。
 その人と添い遂げることはおそらくできない。
 だってこれはずっと一方通行な想いだから。
 それでもいい。
 友達のままでいい。
 幼馴染でいい。
 親友として隣にいれれば、それで幸せだから。
 いつかわたし達の道が別れるその時まで、わたしはなおと一緒にいる。
 全てを捨ててもなお、そばにいてくれるあなたの隣に。

[カテゴリ単位の記事]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ